こじれる前に相談を

相続 トラブル 相談にお悩みの方のために、よく生じる疑問と答えを以下に整理しています。

 

相続トラブルは時間が経つほど、糸が絡むように問題もこじれる傾向があります。そうならないためには、早めに相続の専門家に相談して、先の見通しをつけておくことが大切です。そうするなら先手先手で対策を講じることができますから、問題もこじれにくいですし、有利に進めることもできます。

 

相続トラブルに強い専門家は以下の無料案内サービスで見つけてもらうことができます。詳しくは以下をクリックしてください。
↓ ↓ ↓
相続サポート

 

 

Q

相続トラブルのご相談です。私は代襲相続人にあたる者です。他相続人は私の叔母で...
相続トラブルのご相談です。私は代襲相続人にあたる者です。他相続人は私の叔母です。亡き祖母の土地売却をしていた事を知り、疑問を抱き、登記変更の事を叔母に連絡した際、”放棄してハンを押して今さら!”と剣幕し、話すら出来ず・・私自身、何気に当てにしてるつもりはないことは言った事は確かですが書類に関しては記憶が無く、どんなものなのか・・書面を自ら確認したい事を言っても”今さら覚えてない”と取り合ってもらえません。管轄の法務局で利害関係書類を見せてもらう事は可能なのでしょうか?法定相続分申し立ては困難なのでしょうか?

 

A

その、相続放棄は、あなたがしたのか、あなたの親がしたのか?

 

相続放棄は、本人確認しませんが、書面類が通常は、提出の住民票の住所に送付されます。(住所と居所が異なる旨を申し出れば、住所以外の地に送ることも可能です)

 

所轄は、家庭裁判所ですが、5年を経過していれば、書類の確認はかなり難しいと思います。

 

重要なことですので、その土地の登記簿を取得し、家庭裁判所、弁護士に早急に相談しましょう。

 

土地を取戻すのは無理だと思いますが、叔母の資産から法定金利分を足して取戻せるかも知れません。
場合によっては、有印私文章偽造で刑事事件になる可能性もあります。